BIG HIBISCUS ICED TEA
BIG HIBISCUS ICED TEA
BIG HIBISCUS ICED TEA
BIG HIBISCUS ICED TEA
blend-number

BIG HIBISCUS ICED TEA

ビッグ ハイビスカス アイスティー | ハーブブレンド アイスティー


美しい赤い色が特徴のレッドハイビスカスにインディアンサルサパリラ、ジンジャー、ローズペタル、エルダーフラワーなどが入ったまるでワインのように味わい深いブレンド。すっきりした酸味と複雑なニュアンスが特徴の、身体も喜ぶハーブティーです。

Tasting Notes:
ハイビスカス、バニラ、ジンジャー

10 点在庫
通常価格 ¥2,600 ¥-2,600 を割引

Ingredients

ハイビスカス、インディアンサルサパリラ、ジンジャー、ローズペタル、エルダーフラワー、レモンマートル、マヌカハニーフレーバー

Blend Numerology

一杯のビッグハイビスカスの中には24もの赤の色合いが見つけられることに由来。

Preparation

サシェ1包で約1Lのアイスティーを作っていただけます。

1. 耐熱ピッチャーにサシェを入れ、沸騰したお湯を400ml注ぎ、5分間蒸らします。
2. サシェを取り除き、600mlの冷水を上から注ぎます。

3. 軽くかき混ぜ、氷を入れたコップなどに注ぎお 召し上がりください。

  • Select an Ingredient:
  • elderflowers
  • ginger-root
  • hibiscus-flowers
  • lemon-myrtle
  • pink-rose-petals
  • sarsaparilla

エルダーフラワー

ブルガリアボタニカル

エルダーフラワーは、その薬効でヨーロッパで高く評価されているハーブです。現在、北米ではサンジェルマンリキュールの主要成分として知られています。軽くフローラルでフレッシュで少しスパイシーな味と香りは、ブレンドに絶妙なインパクトを与えます。スミスでのお気に入りはブルガリアのサモコフ近郊で手摘みで収穫され、白い花が枝から切り取られ、日陰で乾燥され、ヨーロッパとアメリカのバイヤーに出荷するために慎重に分類されています。

ブルガリア

ブルガリアは、東南ヨーロッパの人口800万人の国であり、5か国と国境を接し、黒海沿いにビーチフロントの不動産を提供しています。古くは周囲の大国の戦場でしたが、第二次世界大戦後は比較的安定しており、春に収穫されるエルダーフラワーなど、さまざまな植物の産地として有名です。

根生姜

インディアンスパイス

生姜は、食べ物や飲み物を活気づけるために多くの文化で使用されており、その健康的な品質でも知られています。風邪の症状や喉の痛みを治療することができます。生姜は、インド、中国、インドネシア、西アフリカで多く栽培されています。植物の花と葉が枯れた後、根を掘り、洗浄し、皮をむき、天日干しします。ジンジャーのスパイシーで甘いフレーバーは、ブレンドにスパークと複雑さを加えます。

インド

インドは南アジアに位置し、世界で最も古い文明の1つを持つ国です。歴史、文化、宗教、地理などが豊富な国であり、古くから世界中で切望されている香辛料の産地として有名です。私たちの生姜はインドのいくつかの地域から来ており、年間に複数回収穫されます。

ハイビスカスフラワー

エジプトボタニカル

ハイビスカスの花は、中国、タイ、エジプトを含む世界中の多くの国で栽培されています。スミスでは特にエジプトの品種が好きです。エジプトの品種はより明るく、よりフルーティーでよりエキサイティングなフレーバーを持っています。ビタミンCが豊富なハイビスカスは、酸味があり、深紅で、わずかに土っぽく、コンコードブドウのような特徴があります。

エジプト

エジプトは、国境が2つの大陸をまたぐ数少ない国のひとつであり、最も古い文明の1つがあると考えられている文明が3つあります。ナイル川は、エジプトの主要な水源であり、国の農業の多くはその近くにあります。ハイビスカスは秋に収穫されます。

レモンマートル

オーストラリアボタニカル

レモンマートルはオーストラリア東部で商業的に栽培されており、常緑低木は年に複数回栽培することができます。スミスのフェズ、メドウ、そしてビッグハイビスカスティーで紛れもない柑橘系のフレーバーを提供します。

ノーザンリバー地域

ノーザンリバー地域は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の北東端、オーストラリアのシドニーから北に500kmの場所にあります。今では、ニッチな作物(レモンマートルなど)、家庭菜園、観光を通じて活性化されています。また、ゴールドコーストやナイトカップ国立公園など、この地域で有名な名前が付けられた地域がいくつかあったことも一因だと思います。

ピンクローズペタル(バラの花びら)

植物、インド

ピンクのローズペタルは私たちのとてもお気に入りの素材です。華やかなフローラルの香りとスパイシーな甘さが複雑な味を作り出すので、沢山のシグネチャーブレンドに使用されています。

インド

インドは南アジアに位置し、世界で最も古い文明の1つの発祥地です(インダスバレー)。歴史、文化、宗教、地理的に非常に豊かな国であり、古くからハーブやスパイスの産地として有名で、産物は世界各地に行き渡ります。私たちの使用するピンクローズは、インドの数地域で栽培され、3月に収穫されます。

サルサパリラ

インドボタニカル

インドのサルサパリラの根は、他のサルサパリラとは異なります。バニラのようなクリーミーな味わいと香りがあり、チャイやルイボスティーとのブレンドや、そのまま楽しむのに最適です。インド全土で育つ、つる植物で、根を掘り、洗い、皮をむき、天日干しします。より太い根は、最高で最も風味豊かな醸造物になります。

ニルギリ

ニルギリは、「青い山」を意味します。より大きな西ガーツ山脈の一部であり、南インドのタミルナードゥ州とケララ州にある山脈です。 24を超える山頂が2,000メートルを超えるため、この地域はお茶やその他の植物の栽培に最適であり、インドの長く暑い夏の間にイギリス領インド帝国の休息を提供しました。