ティーの美味しい淹れ方

Smith Teamakerの美味しいお茶の淹れ方をご紹介します。当社の茶葉に関しましては ルースティーコレクション をご確認下さい。 

茶葉の種類によって、お湯への入れ方が異なります。

  • 緑茶/白茶: 茶葉を発酵させていない(不発酵茶)あるいは茶葉が少しだけ発酵させている(弱発酵茶)ため、とても繊細でデリケートな風味を楽しめます。茶葉に熱湯を直接かけてしまうと、味わいを失ってしまうためお湯の中に茶葉を優しく落として入れることを推奨。
  • 紅茶: 茶葉を発酵させている(完全発酵茶)ため、お湯を茶葉に勢い良くかけることで、茶葉本来の味わいや香り成分が抽出されます。

紅茶/ハーブティーの淹れ方

  1. カップをあらかじめお湯で温めます。
  2. サシェを先にカップに入れ、沸騰させた熱湯を約240cc-355cc注ぎます。
  3. 5分間抽出、下皿や小皿などで蓋をして抽出して下さい。
  4. お好みで砂糖やミルクを加えてお飲み下さい。

緑茶/白茶の淹れ方

  1. カップをあらかじめ温めておきます。
  2. 約88℃のお湯を約240cc-355cc注ぎます。
  3. 3分間抽出、下皿や小皿などで蓋をして抽出して下さい。

*温度計が無い場合は沸騰したお湯を2分程置いておくと、温度が88℃前後になります。

     

    ティーポットの中の茶葉(ルースティーの場合)

    ティーポットを使ってお茶を淹れる際にも上記の方法でお試しください。ティースプーン1杯分の茶葉と約240ml分のお湯がティーカップ1杯分の分量となります。大きめのポットを使用される場合にはしっかりと風味が楽しめるよう少し多めに茶葉をお入れ下さい。

     

    お気に入りの一杯

    Smith Teamakerはティーカップ一杯分の体験を大切にしています。ご紹介させて頂いたガイドラインは単なるおすすめの淹れ方に過ぎません。お好きなティーの楽しみ方を見つけて頂けるのも魅力であり、Steve はNO.47の Bungalowを5分ではなく、短めの3分ほど蒸らしたものがお気に入りだったそうです。誰もがティーマスターになれる最高品質のSmith Teamakerを是非お楽しみ下さい。

    Lover's Leap Loose Leaf