WHERE DID MY TEA COME FROM?

To learn the provenance of the ingredients in your current cup of Smith, simply enter the batch number from your package here:


Pack Date:

Batch No.:

Notes:


Ingredients:

  • Select an Ingredient:
  • Ali Shan
  • Assam
  • Bai Hao
  • Bai Mu Dan
  • Bergamot Oil
  • Black Peppercorns
  • Cacao Nibs
  • Cardamom
  • Cassia Bark
  • Ceylon Dimbula
  • Ceylon Uva
  • Ceylon Nuwara Eliya
  • Chai
  • Chamomile Flowers
  • Chamomile Petals
  • Cloves
  • Cyani Flowers
  • 1st Flush Darjeeling
  • 2nd Flush Darjeeling
  • Elderflowers
  • Fragrant Hyssop
  • Genmai
  • Ginger Root
  • Green Rooibos
  • Hibiscus Flowers
  • Hojicha
  • Honeybush
  • Sarsaparilla
  • Jasmine Pearls
  • Jasmine Green Tea
  • Keemun
  • Lemon Myrtle
  • Licorice Root
  • Linden Leaf & Flower
  • Long Jing (Dragonwell)
  • Mao Feng
  • Matcha
  • Nilgiri
  • Osmanthus Flower
  • Peppermint Leaves
  • Pink Rose Petals
  • Pu-erh
  • Red Rose Petals
  • Rooibos
  • Rosemary
  • Saffllower
  • Sencha
  • Shu Pu-erh
  • Spearmint Leaves
  • Stevia Leaf
  • Sweet Blackberry Leaves
  • Ti Kwan Yin Oolong
  • Yunnan
  • Yunnan Silver Needle
  • Zheng Shan

阿里山

台湾烏龍茶

台湾の阿里山で栽培された四季春茶を使用したフルリーフティーです。軽く酸化したこのウーロン茶は、口当たりがよく、トロピカルフルーツや花、石の実のような柔らかい香りと、砂糖のような後味が特徴です。このお茶は何度も蒸すことができ、伝統的な淹れ方でも、蓋椀を用いた方法でも楽しめます。

阿里山

台湾中央部の嘉義の東に位置するアリシャン山脈は、その美しい景観と標高の高いウーロン茶で有名です。この標高の高さが、茶葉に豊かで花のような風味を与えるのに役立っています。春と冬の2つの季節に栽培されたお茶は、それぞれ異なる風味を持っています。

アッサム

インディアンブラックティー

アッサムティーは、最も大きく、最も明るく、最も豊かで、最も渋いお茶です。ボディノートやトップノートの多くのブレンドにも使用されていますが、ほぼすべての朝食スタイルのお茶ブランドと品質のバックボーンです。アッサムは他よりも花が少なく、パンやビスケットのような風味があり、しばしばモルトのように表現されます。

アッサム地域

アッサム地域は、インド北東部に位置し、ミャンマーと中国に隣接しています。海面近くの地域では、キャラメルとモルトの独特の特徴を備えた、風味豊かで、歯ごたえのあるお茶を生産しています。この地域の最高のお茶は、6月と7月に摘み取られ、加工されます。これは、セカンドフラッシュとしても知られる収穫です。

バイハオ

チャイニーズ烏龍茶

烏龍茶の原産地は台湾ですが、中国福建省産のバイハオ私たちのお気に入りの一つでもある為、福建省産のバイハオを使用しています。烏龍茶は、完全に酸化された紅茶と、酸化されていない緑茶の間に分類されます。白毫は酸化度の高いウーロン茶のひとつで、黒っぽい大きな葉がしっかりとねじれていて、シルバーチップが豊富にあり、複雑な味と香りが特徴です。

福建省

福建省は、中国の南東海岸に位置する最も有名なお茶の産地のひとつです。黒茶、白茶、ウーロン茶などはすべてこの省が原産地だと考えられています。台湾との距離が近いため、茶葉の栽培や生産に関する知識が共有されています。ウーロン茶の収穫期は、晩春と秋の2回です。

バイムウダン

白茶、中国

バイムウダン(白牡丹)は、白毫銀針に次ぐ高等級の白茶として中国福建省北部で伝統的に生産されます。上部2枚の葉とつぼみだけを日陰乾燥させますが、軽く火入れする場合もあります。この処方はバイムウダンの透き通った色と繊細でナッツのような香りを引き立たせます。味わいは繊細で複雑、香ばしくほんのり甘いフローラルの香りとすっきりとした後味が特徴です。

福建省

福建省は、中国の南東海岸に位置する最も有名なお茶の産地の1つです。紅茶、白茶、ウーロン茶は、すべてこで発祥したと考えられています。非常に台湾に近いため、福建省と台湾は多くの知識を共有してきました。ウーロン茶には、春の終わりと秋の2度の収穫シーズンがあります。

ベルガモットオイル

エッセンシアルオイル

ベルガモットは、ライムの色と大きなオレンジの大きさの柑橘系の果物です。熟したときに収穫し、厚い皮を取り除き、オリーブのように圧搾してエッセンシャルオイルを抽出します。ラベンダー、レモン、スパイスの香りが特徴的なフレーバーとアロマがあります。

レッジョディカラブリア州

初冬に収穫されたスミスのベルガモットは、レッジョカラブリア州のイオニア海沿岸から来ています。ここで育てられたベルガモットの果実は、より多くのニュアンスとさまざまな芳香を与えます。

ブラックペッパーの実

インディアンスパイス

「スパイスの王様」として知られてる最高の黒コショウは、インド南部のコーチン近くで栽培されています。黒コショウの果実は、熟していないときに収穫され、黒くなるまで乾燥されます。品質は、油の含有量と外観で決まります。スパイシーで辛味があり、ほんのり塩気があります。チャイブレンドには欠かせないアクセントです。

ケララ

ケララ州は、インド南西部に位置しており、マラバール海岸沿いにあります。古くからスパイスの産地として有名で、黒コショウとサルサパリラを調達する地域として知られています。

カカオ ニブ

ドミニカンボタニカル

カカオニブはテオブロマカカオの木から作られ、チョコレート作りの主な原料の一つです。カカオビーンは殻で覆われており、発酵され、そして細かくされカカオシードにされます。そしてこれらのカカオニブは更に焙煎の工程を経て、風味豊かで苦みの少ないカカオニブになります。

ドミニカ共和国

ドミニカ共和はカリブ海地域にあるイスパニョーラ島にあり、ハイチと国境を接しています。30年前はカカオ、コーヒー、砂糖が国の経済の大部分を構成していましたが、今ではカカオは国のGDPの3%にしかすぎません。私たちスミス・ティーメーカーでは、主な収穫時期である4月から7月の間に収穫されたカカオニブを仕入れています。

カルダモン

グアテマラスパイス

カルダモンは、花の香りとメンソールの香りが嗅覚を刺激します。ペルシャ料理やインド料理でよく使われており、料理だけでなくお茶とチャイのブレンドでも使用されています。グアテマラのアルタベラパスに住む先住民族のマヤ農家が最高品質のものを生産されていると信じています。淡い黄色の花は、換装されたサクランボに変わり、中身の種はスパイスとして使われます。

アルタベラパス

グアテマラ北部に位置するこの地域は、かつてマヤ文明を構築するために役に立った場所とされています。現在、世界のカルダモンの生産量の半分をアルタベラパスが占めています。収穫期は6月から2月の間に行われています。

カシア樹皮

スマトランスパイス

カシアはシナモンとも呼ばれるが、本物のシナモンとは著しく異なるフレーバーを持つスパイスです。亜熱帯気候で育ち、その味は産地によって大きく異なり、品質は揮発性オイルの含有量によって判断されます。スマトラ島のケリンチでは、1年中収穫され、10年から12年でカシアの木を植え替えている。カシアは甘いが辛く、チャイのブレンドに香りを加えてくれます。

スマトラ島

スマトラ島は、インドネシア西部のスンダ列島に位置し、ボルネオ島に次いでインドネシアで2番目に大きな島です。1292年にマルコポーロが訪れたと言われています。シナモンの木の樹皮は、収穫に最適な状態にするまで10年以上の歳月が必要です。

セイロンディンブラ

スリランカブラックティー

ディンブラ地域は、スリランカのウバ地域の真向かいにあります。お茶の貿易では、ディンブラは「西洋人」と呼ばれます。カップは赤みがかった琥珀色で、ミディアムからフルボディ、わずかにフルーティーなフレーバーとミネラル感があります。セイロンディンブラは、ミディアムボディのブレンド、アールグレイフォーミュラ、その他のフレーバーティーによく使用されます。最高のディンブラティーは12月から2月に生産されます。

中部州

その名の通り、中部州はスリランカの中心部にあります。首都キャンディでは、仏陀の歯が寺院にあると言われており、それだけでも訪れる価値があります。スミスには、聖なるものと同じように、12月から2月の間に購入する予定の高級スリランカ茶の総生産量に大きく貢献している息を呑むような高地のティーガーデンがたくさんあります。

セイロンウバ

スリランカブラックティー

スリランカ島の海抜1100メートルに位置するウバ地方は、他のセイロン地域とは明らかに異なる性格のお茶を生産しています。 ウバは収斂性があり、強烈なフローラルで、黄金のカップの色でわずかにシャープな味わいです。ブレンドに新鮮さを加えます。

ウバ州

ウバ州はスリランカの最南端に位置し、島で2番目に人口の少ない地域です。豊富な素晴らしいティーガーデンと素晴らしい景色があります。スミスでは、6月から9月の収穫のピークにお茶を購入します。

セイロンヌワラエリヤ

スリランカブラックティー

ウヴァとディンブラの間の地域では名が通っているが、世間ではあまり評価されていないお茶です。ヌワラエリヤは標高1500メートルを超える位置で栽培、加工されており、明るい色とボディはファーストフラッシュダージリンに似ています。ボディとカップの色は明るい色をしていますが、強烈なフレーバーと香りを持っており、ブレンドに個性と輝きをもたらしてくれます。

Central Province

Central provinceは、その名のとおり、スリランカの中心部に位置しています。キャンディの首都では、ブッダの歯が寺院にあると言われています。この寺院だけでも訪れる価値があります。スミスには、質の高いティーガーデンがたくさんあり、高品質のスリランカ茶の総生産量に大きく貢献しています。

チャイ

インディアン ブラックティー

インド人にとってチャイとは、甘くスパイスの効いたお茶に泡立てたミルクを入れて飲むことを意味します。よくできたチャイの基盤は、豊かなモルティな特徴を持つ濃厚な茶葉が栽培されているアッサム渓谷にあると言えます。私たちは、セカンドフラッシュのアッサムフルリーフティーとCTCティーに、刺激的なジンジャールート、カシア、ブラックペッパー、クローブ、カルダモンを組み合わせて、チャイを楽しむのにふさわしいリッチでスパイシーな一杯を作ります。

インド

インドは南アジアに位置し、世界最古の文明のひとつが存在する国です(インダス川流域など)。歴史、文化、宗教、地理など様々な面で豊かな国であり、古代からスパイスの産地として有名であり、現在でも世界中で愛されています。

カモミール フラワー

エジプシャン ボタニカル

癒しの特性を持ち、リンゴのようなトーストのようなほのかな味と香りを持つカモミールは、市場で最も人気のあるハーブ成分の一つです。

ファイユーム

半世紀前にヨーロッパからエジプトにやってきたカモミールはファイユームのオアシスに豊かな実りを与えます。中央エジプトから続くナイル川は、充分な水と肥沃な土壌を提供し、世界で最も美味しいカモミールを育てます。黄金に輝くつぼみの収穫期は1月から4月です。

カモミールペタル

植物、エジプト

ホワイトペタル(白い花びら)は私達が大好きなカモミールの花です。茎についている花びらを、弊社工場で注意深く状態の良いものだけをハンドピックします。実際は選別中に多くが取り除かれます。カモミールペタルのフレッシュなフレーバーは、ホワイトペタルブレンドの独特なプロファイルを作っています。

ファイユーム

半世紀前にヨーロッパからエジプトにやってきたカモミールはファイユームのオアシスに豊かな実りを与えます。中央エジプトから続くナイル川は、充分な水と肥沃な土壌を提供し、世界で最も美味しいカモミールを育てます。黄金に輝くつぼみの収穫期は1月から4月です。

クローブ

マダガスカルスパイス

クローブは、マダガスカル、南インド、インドネシアで12メートルの高さにも成長する亜熱帯常緑樹のドライフラワーから収穫されます。天日干しすることで、芽が特徴的な濃い赤みがかった黒になります。クローブは、方向性が高く、スパイスの混ぜ合わせや料理や様々なお茶のブレンドに使用されています。

マダガスカル

世界で4番目に大きな島であるマダガスカルは、インド亜大陸から分離し、超大陸ゴンドワナ大陸が崩壊した後もアフリカの近くにとどまりました。他の分離した島と違い、マダガスカルはその独自性を維持し、マダガスカルに住む野生生物の90%以上が地球上の他の場所で発見されていません。クローブの収穫は3月から5月に行われます。

シアニフラワー

アルバニアンボタニカル

この青くて「コーンフラワー」と呼ばれる花は、ドライブレンドに色を加える目的でティーメーカーによって使われていました。東ヨーロッパで育てられ、手摘みされ、がくを取り、花の色をほのかに残しています。これを入れることで、私たちのメドウの見た目が紙吹雪のように素敵に仕上がります。

アルバニア共和国

アルバニアは西側にアドリア海とイオニア海、国の北、東、南側にモンテネグロ、コソボ、マケドニア、ギリシャと国境を接する国です。イタリアの国の形、ブーツのかかとのちょうど後ろ側に位置し、多くの生物が生息し、歴史深い国です。シアニは7月に収穫されます。

1stフラッシュダージリン

インディアンブラックティー

かつて英国の避暑地だったダージリンは、世界で最も貴重で高価なお茶を生産していることで知られています。ダージリンティーガーデンは標高が高いところにあるため、茂みにストレスがかかり、非常にニュアンスのある味わいのお茶になります。ファーストフラッシュは、他のフラッシュと違い、ボディが明るく、色が緑がかっています。

ダージリン

インド北部のヒマラヤ山脈のふもとに位置するダージリン地方には、87のティーガーデンがあります。最初のフラッシュは3月下旬に始まり、約30日間続きます。その間、7日ごとに摘み取られます。

2ndフラッシュダージリン

インディアンブラックティー

かつて英国の避暑地だったダージリンは、世界で最も貴重で高価なお茶を生産していることで知られています。ダージリンティーガーデンの標高が高いため、茂みにストレスがかかり、非常にニュアンスのある味わいのお茶になります。この時期に生産されたお茶は、マスカットグレープ、ウィンターグリーン、セージの香りがあり、ファーストフラッシュのお茶よりも風味が豊かです。

ダージリン

インド北部のヒマラヤ山脈のふもとに位置するダージリン地方には、87のティーガーデンがあります。最初のフラッシュは3月下旬に始まり、約30日間続きます。その間、7日ごとに摘み取られます。

エルダーフラワー

ブルガリアボタニカル

エルダーフラワーは、その薬効でヨーロッパで高く評価されているハーブです。現在、北米ではサンジェルマンリキュールの主要成分として知られています。軽くフローラルでフレッシュで少しスパイシーな味と香りは、ブレンドに絶妙なインパクトを与えます。スミスでのお気に入りはブルガリアのサモコフ近郊で手摘みで収穫され、白い花が枝から切り取られ、日陰で乾燥され、ヨーロッパとアメリカのバイヤーに出荷するために慎重に分類されています。

ブルガリア

ブルガリアは、東南ヨーロッパの人口800万人の国であり、5か国と国境を接し、黒海沿いにビーチフロントの不動産を提供しています。古くは周囲の大国の戦場でしたが、第二次世界大戦後は比較的安定しており、春に収穫されるエルダーフラワーなど、さまざまな植物の産地として有名です。

フレグラント ヒソップ

南オレゴン ボタニカル

ヒソップは、私たちのパントリーでも愛されている素材の一つですです。ヒソップは、さまざまなブレンドの構成要素や甘味として使用しています。ヒソップは乾燥した地域でよく育ち、特にオレゴン州南部の乾燥した気候に適しています。霜を避けるために春先に温室で発芽させた種を、乾燥した暑い夏のために準備された畑に運びます。畑は定期的に真水で灌漑され、ヒソップが暑さの中で成長するのを助けます。収穫後、ヒソップは乾燥され、市場に出すために選別されます。

南オレゴン

オレゴン州南部は、西は太平洋、東はカスケード山脈に囲まれた地域である。オレゴン州は、1934年の偉大なレオナード・ウォードを含む何人かの全米ロデオチャンピオンの出身地であり、毎年開催される世界でも有数のシェイクスピア・フェスティバルの開催地でもある。乾燥した気候、カウボーイ文化、ドラマチックな傾向は、ヒソップのような作物には最適な場所です。ヒソップは春先に植えられ、6月と9月の2回収穫されます。

玄米

穀物、日本

お茶と共に使用される玄米は、洗浄、浸す、蒸す、乾燥の後、3度の焙煎プロセスを経て、特徴的な香ばしい風味を引き立たせます。

熊本県と大分県

九州中部に位置する熊本県と大分県は稲作に最適な亜熱帯気候に恵まれています。お米は秋、一般的には10月/ 11月に収穫されます。

ジンジャー

インディアンスパイス

生姜は、食べ物や飲み物を活気づけるために多くの文化で使用されており、その健康的な品質でも知られています。風邪の症状や喉の痛みを治療することができます。生姜は、インド、中国、インドネシア、西アフリカで多く栽培されています。植物の花と葉が枯れた後、根を掘り、洗浄し、皮をむき、天日干しします。ジンジャーのスパイシーで甘いフレーバーは、ブレンドにスパークと複雑さを加えます。

インド

インドは南アジアに位置し、世界で最も古い文明の1つを持つ国です。歴史、文化、宗教、地理などが豊富な国であり、古くから世界中で切望されている香辛料の産地として有名です。私たちの生姜はインドのいくつかの地域から来ており、年間に複数回収穫されます。

グリーンルイボス

南アフリカボタニカル

グリーンルイボスは、ルイボスの製造に使用される植物と同じ低木が由来です。ケープタウンの北約250kmの地域でのみ栽培され、高さが約3フィートに達したときに収穫されます。一番上の柔らかい芽は手で摘まれ、さらに機械でお茶に適した細かいサイズにカットされ、ハーブの風味と緑色を維持するために乾燥されます。

クランウィリアム

クランウィリアムは、南アフリカの西ケープ州にあるシーダーバーグ山脈とオリファンツ川の間に位置する7,000の小さな農村です。ここのルイボスは、世界的に供給されています。ルイボスは1月から4月に収穫されます。

ハイビスカスフラワー

エジプトボタニカル

ハイビスカスの花は、中国、タイ、エジプトを含む世界中の多くの国で栽培されています。スミスでは特にエジプトの品種が好きです。エジプトの品種はより明るく、よりフルーティーでよりエキサイティングなフレーバーを持っています。ビタミンCが豊富なハイビスカスは、酸味があり、深紅で、わずかに土っぽく、コンコードブドウのような特徴があります。

エジプト

エジプトは、国境が2つの大陸をまたぐ数少ない国のひとつであり、最も古い文明の1つがあると考えられている文明が3つあります。ナイル川は、エジプトの主要な水源であり、国の農業の多くはその近くにあります。ハイビスカスは秋に収穫されます。

ほうじ茶

国産ほうじ茶

ほうじ茶は、煎茶と番茶を作る際に出る葉や茎から作られる副産物です。茶葉を炒るひと手間加えることで、それまでとは違ったフレーバーを生み出し、またほのかにカフェインを持つティーになります。見かけによらず芳醇で、はちみつやカカオ、木の香りを持つティーです。

鹿児島県

鹿児島県は九州の最南端に位置し、静岡県に次いで日本で二番目にお茶の生産量が多い県です。また、一度でも鹿児島市を訪れたことがある人ならだれもが知る、日本で一番の活火山である桜島があることで有名です。ほうじ茶に使われる茶葉は四月から九月の間に収穫されます。

ハニーブッシュ

南アフリカボタニカル

ハニーブッシュは、南アフリカの東ケープ州で育っている、ルイボスと関連する常緑低木です。ハニーブッシュの栽培が試みられたが、ほとんどの種は自然で発見され、収穫されます。ワイルドクラフトとしても知られています。細い葉、茎、花は手でかっとされ、太陽の下で酸化されます。ハニーブッシュは、ルイボスと同様に、抗酸化物質、ミネラル、ビタミンが豊富であることが知られています。名前のように蜂蜜のような香りを持っています。ノンカフェインのハニーブッシュは、桃、杉、スイートグラスのノートがあり、抽出されるとピンクがかった金色をしています。

クランウィリアム

クランウィリアムは、南アフリカの西ケープ州のシーダーバーグ山脈とオリファンツ川の間に位置する7000人ほどの小さな農業の町です。ハニーブッシュは9月と10月に収穫されます。

サルサパリラ

インドボタニカル

インドのサルサパリラの根は、他のサルサパリラとは異なります。バニラのようなクリーミーな味わいと香りがあり、チャイやルイボスティーとのブレンドや、そのまま楽しむのに最適です。インド全土で育つ、つる植物で、根を掘り、洗い、皮をむき、天日干しします。より太い根は、最高で最も風味豊かな醸造物になります。

ニルギリ

ニルギリは、「青い山」を意味します。より大きな西ガーツ山脈の一部であり、南インドのタミルナードゥ州とケララ州にある山脈です。 24を超える山頂が2,000メートルを超えるため、この地域はお茶やその他の植物の栽培に最適であり、インドの長く暑い夏の間にイギリス領インド帝国の休息を提供しました。

ジャスミンパール

チャイニーズ グリーンティー

中国の福建省北部では、茶葉のつぼみだけを使って「ジャスミンパール」が作られています。春に収穫した茶葉の芽を、鍋で焼いて酸化酵素を中和し、小さなパール状に丸めて、ジャスミンの花が咲き始める7月まで保存します。摘んだばかりのジャスミンの花の間にパールを重ねていきます。この香り付けの工程を4回まで繰り返した後、使用済みのジャスミンを取り除くことで、最高級のお茶が出来上がります。

福建省

福建省は、中国の南東海岸に位置する最も有名なお茶の産地の1つです。黒茶、白茶、ウーロン茶はすべてここで生まれたと考えられています。台湾が非常に近くにあり、茶樹と生産の面で両者の間で多くの知識の共有がありました。ジャスミンシルバーチップは4月に生産を開始し、7月に終了します。

ジャスミングリーンティー

中国緑茶

中国の福建省で栽培されているジャスミンシルバーティップは、ジャスミンインハオとしても知られており、繊細でありながらはっきりとしたフローラルの香りと風味があります。緑の葉は春に収穫され、酸化酵素を中和するために鍋で焼かれ、ジャスミンの花が咲き始める7月まで保管されます。その後、お茶は未開封のジャスミンのつぼみと重ねられ、ゆっくりと広げられ、香りを共有します。

福建省

福建省は、中国の南東海岸に位置する最も有名なお茶の産地の1つです。黒茶、白茶、ウーロン茶はすべてここで生まれたと考えられています。台湾が非常に近くにあり、茶樹と生産の面で両者の間で多くの知識の共有がありました。ジャスミンシルバーチップは4月に生産を開始し、7月に終了します。

キームン

中国ブラックティー

キームンティーは、安徽省と呼ばれる中国東部の山岳地帯で栽培されています。キームンには、様々なグレードがあり、ハオ・ヤは最高の1つです。ハオ・ヤは非常に薄く、しなやかで、ねじれた葉があり、灰色をしています。独特でわずかにスモーキーな味と香りを持っており、セルフティーに最適です。

キメン郡

キメン郡は、中国の安徽省南部にある黄山市西部に位置し、世界最高の紅茶の1つであるキームンの製造で有名です。中国の他の地域と比較してもとても田舎なので、ゆっくりと休み、素晴らしいお茶を飲むのに最適な場所になっています。収穫時期は春と夏です。

レモンマートル

オーストラリアボタニカル

レモンマートルはオーストラリア東部で商業的に栽培されており、常緑低木は年に複数回栽培することができます。スミスのフェズ、メドウ、そしてビッグハイビスカスティーで紛れもない柑橘系のフレーバーを提供します。

ノーザンリバー地域

ノーザンリバー地域は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の北東端、オーストラリアのシドニーから北に500kmの場所にあります。今では、ニッチな作物(レモンマートルなど)、家庭菜園、観光を通じて活性化されています。また、ゴールドコーストやナイトカップ国立公園など、この地域で有名な名前が付けられた地域がいくつかあったことも一因だと思います。

リコリス

中国ボタニカル

リコリス根は多年生の植物であり、西洋、東洋共に長い間薬に使われてきました。近年では様々なティーブレンドの原料として使われています。私たちスミス・ティーメーカーのホリデーブレンド、サイレントナイトにコクや厚み、そして甘さをプラスしてくれます。

中華人民共和国

中国は東アジアに位置し、世界でも最古の文明を持つ国の一つです。また、ティー発祥の地でもあり、どのティーのカテゴリーにおいてもイノベーションをリードする国でもあります。伝統的な中国の薬は地元で育てられた植物やスパイスを用いて作られており、私たちスミス・ティーメーカーが使うリコリス根もその一つです。私たちの使うリコリス根は中国のいくつかの地域で栽培されたものであり、春と秋に収穫されたものです。

リンデンリーフ & フラワー

ブルガリアボタニカル

東欧で栽培された葉と花を乾燥させたもので、母の日用ブレンド「ブーケ」のベースとなるほか、年間を通してさまざまなブレンドに使用されています。

ブルガリア

ブルガリアは東南ヨーロッパに位置する人口800万人の国で、5つの国と国境を接しており、黒海沿いにはビーチフロントの土地があります。古代には周辺の大国の戦場となっていましたが、第二次世界大戦後は比較的安定しており、6月に収穫されるシナノキの葉や花をはじめとする植物の産地としても有名です。

龍井 (Dragonwell)

チャイニーズ グリーンティー

伝統的に熱い中華鍋で焼き、手で平たくするドラゴンウェルは、「ロンジン」とも呼ばれ、多くの人にとって最も有名な緑茶です。龍が住んでいたとされる泉の近くにある杭州の茶葉が最高です。淡いエメラルド色と栗のようなほのかな甘みが特徴です。

杭州

杭州は、中国東部に位置する浙江省の省都です。古くから文化、食、芸術の中心地として知られている杭州は、西湖(西湖)でも有名です。その名の通り、西に位置するこの湖は、朝のジョギングに最適で、景色を眺めたり、地元の人々が太極拳やラインダンス、ジャズダンスなどの練習をしているのを見ることができます。ロンジンは3月下旬から5月にかけて収穫されます。

マオフェン

緑茶、中国

標高3000フィートを超える中国の浙江省中央部の山で栽培されるマオフェンは、春に収穫され、酸化酵素を中和し新鮮な味と香りを閉じ込めるために熱風処理されます。長く細長いヒスイのような葉は、お茶にすると淡い緑の色をとなり、草の持つ芳香の中に濃厚な香りと余韻のある甘さをたたえます。

武義県(武夷県ぶぎけん)

武義県は中国東部にある浙江省中央部に位置します。よく混同されますが、福建省にある有名な武夷山茶産地とは別です。農業と観光が栄えており、最も有名なのは金華ハムと温泉。マオフェンは3月中旬から5月に収穫されます。

抹茶

ジャパニーズ グリーンティー

抹茶を作るためには、収穫の3週間前から茶葉に覆いをして、光を拡散させる必要があります。これにより、葉緑素の成長が促進され、テアニンの含有量が増え、色が鮮やかになり、風味が増し、カフェインのエネルギー効果を相殺します。摘み取った後、葉は蒸して酸化酵素を中和し、色を保つ。その後、転がして乾燥させる工程と、機械を使って葉のつるや茎を取り除く特別な工程を経る。この工程を経てできたお茶を「碾茶」と呼び、冷蔵してから挽く。碾茶は、御影石を使った粉砕機に少量ずつ載せて、特徴的な微粉末にしていきます。御影石は熱を発しないため、抹茶の色や風味を保つのに適しています。

岐阜県

岐阜県は、日本の本州の中央に位置する中部地方にあります。抹茶の産地として有名な宇治や愛知のすぐ北に位置しています。有名ではありませんが、同等の品質の抹茶が生産されています。収穫期は4月から6月までの間に行われます。

ニルギリ

インディアンブラックティー

ダージリンと同じように、ニルギリはオーソドックスなお茶を作ります。これらのお茶は、アッサムよりも風味があり、ダージリンよりもボディと色が多く、配合においてピビトールの役割を果たします。

ニルギリ

ニルギリは、「青い山」を意味します。より大きな西ガーツ山脈の一部であり、南インドのタミルナードゥ州とケララ州にある山脈です。 24を超える山頂が2,000メートルを超えるため、この地域はお茶やその他の植物の栽培に最適であり、インドの長く暑い夏の間にイギリス領インド帝国の休息を提供しました。

オスマンサスフラワー

植物、中国

オスマンサスは、アジア原産の常緑低木の一種です。その花は非常に香りがよく、お茶にすると桃の香りが引き立ちます。スティーブのお気に入りで、スミスティーのシグネチャーであるホワイトペタルブレンドに使用されています。

浙江省

浙江省は上海と江蘇省のすぐ南、中国東部に位置しています。これら3つの地域は、以前は「魚と米の産地」として、今日でも浙江省は中国最大の漁業と食品、そしてお茶の生産地として知られています。夏に収穫されるオスマンサスは、単独で楽しまれる他、お茶やハーブと混ぜて楽しまれます。

ペパーミントリーブス

太平洋岸北西部ボタニカル

世界で最も風味豊かなペパーミントは、夏が暑くて乾燥している太平洋岸北西部から来ています。スミスでは、開花が始まる直前、つまり油分が最も多いときに収穫されます。切断後、野外で乾燥させ、茎を取り除き、ミントを均一な葉のサイズに分類します。強烈なメンソールと濃厚なチョコレートのノートで、太平洋岸北西部のペパーミントはあなたの嗅覚と味覚を刺激します。

太平洋岸北西部

太平洋岸北西部は、米国の西海岸沿いの地域であり、オレゴン州とワシントン州で構成されています。北から南にこの地域を横断するカスケード山脈は、風景と気候の明確な仕切りとして機能し、西側は十分な雨を受けて緑豊かな常緑の環境を作り出し、東側は乾燥したままで高い砂漠環境を作り出します。ペパーミントは歴史的に両側で栽培されてきましたが、現在は主にカスケードの東で栽培され、夏に収穫されます。

ピンクローズペタル(バラの花びら)

植物、インド

ピンクのローズペタルは私たちのとてもお気に入りの素材です。華やかなフローラルの香りとスパイシーな甘さが複雑な味を作り出すので、沢山のシグネチャーブレンドに使用されています。

インド

インドは南アジアに位置し、世界で最も古い文明の1つの発祥地です(インダスバレー)。歴史、文化、宗教、地理的に非常に豊かな国であり、古くからハーブやスパイスの産地として有名で、産物は世界各地に行き渡ります。私たちの使用するピンクローズは、インドの数地域で栽培され、3月に収穫されます。

プーアール

中国プーアール茶

中国では、珍重されているプーアールティーは、3年間ほど熟成されています。中国雲南省鳳城の標高約5,000フィートで栽培されており、滑らかで複雑な土の風味と甘い余韻のある後味を持っています。

雲南省

雲南省は、中国の南西部に位置しています。ミャンマー、ラオス、ベトナムとの国境を共有しているだけでなく、国境地域では様々な文化交流が絶えず行われています。この地域では、1000年前に最初にお茶が栽培され、今でも素晴らしいお茶を栽培しています。

レッドローズペタル(バラの花びら)

植物、インド

ピンクのローズペタルに比べて私たちのブレンドでの使用は少ないですが、レッドローズの花びらはピンクローズのものよりも刺激的な強い芳香を放ちます。

パキスタン

パキスタンは南アジアに位置し、西はイラン、アフガニスタン、北は中国、東はインドと国境を接しています。 1947年の分割の間、インドから分離されたパキスタンは、多様な景観と気候を有しており、GDPの5分の1を農業が占めます。私たちのレッドローズは春の初め、通常3月に収穫されます。

ルイボス

南アフリカボタニカル

レッドブッシュ(赤い茂み)としても知られているルイボスは、20世期の間にクランウィリアム地区の世界的な商品と換金作物になりました。ルイボスは、抗酸化物質、ミネラル、ビタミンが豊富なことでも知られています。お茶と同様に、ルイボスは一般的に葉を切った後に酸化しはじめ、紅茶の渋みがなく、独特の甘くてクリーミーな風味を生み出します。牛乳や砂糖にも合い、様々な形(ホット、アイス、ラテなど)で提供することができます。ルイボスは摘み取った後に蒸すことで酸化を停止することができます。停止することで、一般的に知られている赤いルイボス依も植物性で花の風味のある緑色のルイボスになります。

クランウィリアム

クランウィリアムは、南アフリカの西ケープ州のシーダーバーグ山脈とオリファンツ川の間に位置する7000人ほどの小さな農業の町です。ハニーブッシュは9月と10月に収穫されます。

ローズマリー

モロッカンボタニカル

ローズマリーはとても香り高い多年生ハーブであり、「海の露」という意味のラテン語から派生した言葉であり、地中海原産の植物です。常緑で、針のような形をした葉がこのフレーバーをもたらし、またこの地域の多くの料理に使われます。

モロッコ王国

モロッコ王国はアフリカ北西部に位置する国であり、長い間芸術家やボヘミアンによりロマンチックな場所と言われてきた国です。文化や料理、歴史に富み、美しくて歴史的なシティと、素晴らしい風景を持ち合わせています。私たちスミス・ティーメーカーでは夏の間に収穫されたローズマリーを使用しています。

サフラワー

チャイニーズ ボタニカル

火のような色で、鮮やかな黄色の醸造色を持つサフラワーは、よくサフランと間違えられたり、サフランの代わりに使われたりしますが、それを味わうまでのことです。サフラワーはわずかに甘く、カボチャのような香りがします。また、他のハーブをブレンドする際に、他のハーブの鮮やかな質を丸くするために使用するテクスチャーを生成します。

中華人民共和国

中国は東アジアに位置し、世界最古の文明を持つ国のひとつです。また、お茶の発祥の地でもあり、あらゆるお茶のカテゴリーでイノベーションをリードし続けています。中国の伝統医学では、様々な植物やスパイスを用いて治療を行いますが、その多くは地元で栽培されたもので、私たちのサフラワーもその一つです。私たちが使用するサフラワーは、中国の複数の地域で生産されたものであり、夏真っ盛りの時期に収穫されます。

煎茶

緑茶、日本

細長い針状の葉は、深い緑の味と香り、炒ったお米と海苔の風味を持ちます。蒸すことによって葉の酸化を止め、深いヒスイの緑色と豊かな風味を閉じ込めます。

静岡

静岡県は日本の中部地方に位置します。富士山を山梨県と共に所有している特別な地域で、日本最大のお茶の産地として有名な自然が美しい地域です。煎茶の収穫時期は4月から6月です。

熟普洱

チャイニーズ プーアールティー

滑らかで複雑な土の香りと甘い余韻を持つダークリカーで、中国のプーアール茶の中でも特に高い評価を得ています。

雲南省 鳳慶県

中国雲南省の西部に位置する臨滄県にある鳳慶県。西側はミャンマーと国境を接しています。この地域は、紅茶とプーアールの産地として有名です。プーアールの原料となる茶葉は、3月から5月にかけて収穫され、数ヶ月間発酵させて作られます。

スペアミントリーブス

太平洋岸北西部ボタニカル

スペアミントの葉は、ペパーミントよりも芳香が強く、軽く、シャープです。フレッシュな味わいと香りが、緑茶と美しく調和する甘いミントを加えます。オレゴン州東部と中央部で栽培されているスペアミントの葉は、機械を使用して切断され、フィールド乾燥されて均一な葉のサイズに分類されます。

太平洋岸北西部

太平洋岸北西部は、米国の西海岸沿いの地域であり、オレゴン州とワシントン州で構成されています。北から南にこの地域を横断するカスケード山脈は、景観と気候の明確な仕切りとして機能し、西側は十分な雨を受けて緑豊かな常緑樹環境を作り出し、東側は乾燥したままで高い砂漠環境を作り出します。スペアミントは歴史的に両側で栽培されてきましたが、現在は主にカスケードの東で栽培され、夏に収穫されます。

ステビアリーフ

インドボタニカル

ステビアリーフは天然の最高の甘味です。多くの場合、高度に精製された甘味料と混同されがちですが、葉それ自体は繊細で絶妙なフレーバーを持ちます。甘さを持ち、フルボディーであり、私たちのホリデーブレンドである「キャンディーケインをカップで楽しんでいるようなティー」というコンセプトを持つサイレントナイトに自然な甘さを加えてくれます。ステビアは世界中で栽培されますが、私たちスミス・ティーメーカーではインド、中国で栽培されたものを使用しています。

インド共和国

インドは南アジアに位置し、世界でも最古の文明の一つであるインダス文明を元とする国です。歴史、文化、宗教、地理学など多くのことが盛んであり、ハーブやスパイスの起源として昔から有名な国でした。ステビアは夏のハーブであり、6月から8月にかけて収穫されます。

スイートブラックベリーの葉

ブルガリアボタニカル

スイートブラックベリーの葉は、ハーバルブレンドに甘みを加える最も優れた材料です。

ブルガリア共和国

ブルアリア共和国は人口800万人の東南ヨーロッパに位置する国であり、5つの国と国境を接し、黒海沿いに海岸を持つ国です。昔は周りを脅威が囲む戦場であり、第二次世界大戦後には相対的な安定性を持ちました。またスミス・ティーメーカーがティーに使用するスイートブラックベリーの葉を含む多くの植物の源であり、私たちは初春に収穫されたものを使います。

鉄観音

鉄の観音様とも呼ばれる鉄観音は、中国で最も有名なウーロン茶の一つです。このお茶は、手の込んだ工程を経てボール状にしっかりと巻かれており、何度も蒸すことで徐々に膨らみ、豊かな風味を放ちます。

福建省

福建省は、中国の南東海岸に位置する最も有名なお茶の産地のひとつです。黒茶、白茶、ウーロン茶などはすべてこの省が原産地だと考えられています。台湾との距離が近いため、茶葉の栽培や生産に関する知識が共有されています。ウーロン茶の収穫期は、晩春と秋の2回です。

雲南

チャイニーズ ブラックティー

茶葉の発祥の地として知られる雲南省の最高級の紅茶は、ひょろひょろとしていて、先端が金色になっているのが特徴です。濃厚な琥珀色で、ほのかに甘く、花のような香りと味があり、スパイスや革のような香りも感じられる絶妙な品種です。

雲南省

雲南省は「南雲」と訳され、中国の南西部に位置する省です。ミャンマー、ラオス、ベトナムと国境を接しているだけでなく、これらの国境地域では、中国本土の他の地域とは異なる文化交流が常に行われています。この地域では何千年も前にお茶の栽培が始まり、今でも素晴らしいお茶が作られています。私たちの雲南は早春に収穫されます。

雲南シルバーニードル

チャイニーズ ホワイトティー

茶葉の芽の部分だけを使った白茶です。ほのかな甘みとメロンのような風味があり、ほのかな花の香りと余韻のある複雑な味わいは、雲南のテロワールを物語っています。

雲南省

雲南省は「南雲」と訳され、中国の南西部に位置する省です。ミャンマー、ラオス、ベトナムと国境を接しているだけでなく、これらの国境地域では、中国本土の他の地域とは異なる文化交流が常に行われています。この地域では何千年も前にお茶の栽培が始まり、今でも素晴らしいお茶が作られています。私たちの雲南シルバーティップは早春に収穫されます。

正山小種

中国紅茶

このスタイルのティーは、中国国内でも珍重されるスモークされたティーです。繊細で細長い紅茶の茶葉はバビショウの枝でスモークされ、複雑でありながらも、フルボディーでスムーズな口あたりになります。

浙江省

浙江省は中国の東、上海と江蘇省の南に位置します。この地域は昔から「魚と米の地」として知られていました。今日では中国最大の漁業と、食品を生産する大きな地域の一つであり、またお茶の生産をリードする地域でもあります。正山に使われる茶葉は春に収穫され、夏の間にスモークされます。