MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT
MORNING LIGHT

MORNING LIGHT

シーズナル 紅茶 ブレンド


豊潤なセイロン、リッチでボリューミーなアッサム、複雑味が特長のダージリンに、 ローズマリーやブラックカラントをブレンド。パワフルでフルボディーなブラックテ ィーと森林を連想させるボタニカルが交わり、隠し味としてカシアをトッピングする ことで、クリスマスの朝の目覚めにふさわしい味わいに。

Tasting Notes:
ローズマリー、シナモン、ブラックカラント

45 点在庫
通常価格 ¥3,000 ¥-3,000 を割引

Ingredients

インド・スリランカ産フルリーフ紅茶、ローズマリー、カシア、ブラックカラントナチュラルフレーバー

Blend Numerology

スミス氏の軽快なダンスステップが25カウントだったため。

Preparation

1. ティーカップをあらかじめ温めておきます。
2. 沸騰させた熱湯を約240cc~355cc注ぎます。
3. 5分間蒸らします。下皿や小皿などで蓋をして抽出して下さい。

  • Select an Ingredient:
  • 1st-flush-darjeeling
  • assam
  • cassia-bark
  • ceylon-dimbula
  • rosemary

1stフラッシュダージリン

インディアンブラックティー

かつて英国の避暑地だったダージリンは、世界で最も貴重で高価なお茶を生産していることで知られています。ダージリンティーガーデンは標高が高いところにあるため、茂みにストレスがかかり、非常にニュアンスのある味わいのお茶になります。ファーストフラッシュは、他のフラッシュと違い、ボディが明るく、色が緑がかっています。

ダージリン

インド北部のヒマラヤ山脈のふもとに位置するダージリン地方には、87のティーガーデンがあります。最初のフラッシュは3月下旬に始まり、約30日間続きます。その間、7日ごとに摘み取られます。

アッサム

インディアンブラックティー

アッサムティーは、最も大きく、最も明るく、最も豊かで、最も渋いお茶です。ボディノートやトップノートの多くのブレンドにも使用されていますが、ほぼすべての朝食スタイルのお茶ブランドと品質のバックボーンです。アッサムは他よりも花が少なく、パンやビスケットのような風味があり、しばしばモルトのように表現されます。

アッサム地域

アッサム地域は、インド北東部に位置し、ミャンマーと中国に隣接しています。海面近くの地域では、キャラメルとモルトの独特の特徴を備えた、風味豊かで、歯ごたえのあるお茶を生産しています。この地域の最高のお茶は、6月と7月に摘み取られ、加工されます。これは、セカンドフラッシュとしても知られる収穫です。

カシア樹皮

スマトランスパイス

カシアはシナモンとも呼ばれるが、本物のシナモンとは著しく異なるフレーバーを持つスパイスです。亜熱帯気候で育ち、その味は産地によって大きく異なり、品質は揮発性オイルの含有量によって判断されます。スマトラ島のケリンチでは、1年中収穫され、10年から12年でカシアの木を植え替えている。カシアは甘いが辛く、チャイのブレンドに香りを加えてくれます。

スマトラ島

スマトラ島は、インドネシア西部のスンダ列島に位置し、ボルネオ島に次いでインドネシアで2番目に大きな島です。1292年にマルコポーロが訪れたと言われています。シナモンの木の樹皮は、収穫に最適な状態にするまで10年以上の歳月が必要です。

セイロンディンブラ

スリランカブラックティー

ディンブラ地域は、スリランカのウバ地域の真向かいにあります。お茶の貿易では、ディンブラは「西洋人」と呼ばれます。カップは赤みがかった琥珀色で、ミディアムからフルボディ、わずかにフルーティーなフレーバーとミネラル感があります。セイロンディンブラは、ミディアムボディのブレンド、アールグレイフォーミュラ、その他のフレーバーティーによく使用されます。最高のディンブラティーは12月から2月に生産されます。

中部州

その名の通り、中部州はスリランカの中心部にあります。首都キャンディでは、仏陀の歯が寺院にあると言われており、それだけでも訪れる価値があります。スミスには、聖なるものと同じように、12月から2月の間に購入する予定の高級スリランカ茶の総生産量に大きく貢献している息を呑むような高地のティーガーデンがたくさんあります。

ローズマリー

モロッカンボタニカル

ローズマリーはとても香り高い多年生ハーブであり、「海の露」という意味のラテン語から派生した言葉であり、地中海原産の植物です。常緑で、針のような形をした葉がこのフレーバーをもたらし、またこの地域の多くの料理に使われます。

モロッコ王国

モロッコ王国はアフリカ北西部に位置する国であり、長い間芸術家やボヘミアンによりロマンチックな場所と言われてきた国です。文化や料理、歴史に富み、美しくて歴史的なシティと、素晴らしい風景を持ち合わせています。私たちスミス・ティーメーカーでは夏の間に収穫されたローズマリーを使用しています。