メドウ(カモミールブレンド)
メドウ(カモミールブレンド)
メドウ(カモミールブレンド)
メドウ(カモミールブレンド)
メドウ(カモミールブレンド)
メドウ(カモミールブレンド)
blend-number

メドウ(カモミールブレンド)

MEADOW | カフェインフリー カモミールブレンド


エジプト産のゴールデンカモミールとアメリカ・オレゴン州で収穫された豊かな香りのヒソップ、南アフリカ・ケープ産のルイボス、ローズの花びら、リンデンフラワーをブレンド。太陽の眩しい光を感じる元気の出るハーブティーです。

Tasting Notes:
カモミール、りんご、はちみつ

114 点在庫
通常価格 ¥2,270 (税込) ¥-2,270 を割引

Ingredients

カモミール、ルイボス、ヒソップ、リンデンフラワー、レモンマートル、ローズペタル、サフラワー、ヤグルマギク、ナチュラルフルーツフレーバー

Blend Numerology

ヒッピー文化の社会運動「Summer of Love」が起きた年。(シボレー・カマロが爆発的人気を誇った年でもある)

Preparation

1. ティーカップをあらかじめ温めておきます。
2. 沸騰させた熱湯を約240cc~355cc注ぎます。
3. 5分間蒸らします。下皿や小皿などで蓋をして抽出して下さい。
4. お好みで砂糖やミルクを加えてお飲みください。

  • Select an Ingredient:
  • chamomile-flowers
  • cyani-flowers
  • fragrant-hyssop
  • lemon-myrtle
  • linden-leaf-flower
  • pink-rose-petals
  • rooibos
  • safflower

カモミール フラワー

エジプシャン ボタニカル

癒しの特性を持ち、リンゴのようなトーストのようなほのかな味と香りを持つカモミールは、市場で最も人気のあるハーブ成分の一つです。

ファイユーム

半世紀前にヨーロッパからエジプトにやってきたカモミールはファイユームのオアシスに豊かな実りを与えます。中央エジプトから続くナイル川は、充分な水と肥沃な土壌を提供し、世界で最も美味しいカモミールを育てます。黄金に輝くつぼみの収穫期は1月から4月です。

シアニフラワー

アルバニアンボタニカル

この青くて「コーンフラワー」と呼ばれる花は、ドライブレンドに色を加える目的でティーメーカーによって使われていました。東ヨーロッパで育てられ、手摘みされ、がくを取り、花の色をほのかに残しています。これを入れることで、私たちのメドウの見た目が紙吹雪のように素敵に仕上がります。

アルバニア共和国

アルバニアは西側にアドリア海とイオニア海、国の北、東、南側にモンテネグロ、コソボ、マケドニア、ギリシャと国境を接する国です。イタリアの国の形、ブーツのかかとのちょうど後ろ側に位置し、多くの生物が生息し、歴史深い国です。シアニは7月に収穫されます。

フレグラント ヒソップ

南オレゴン ボタニカル

ヒソップは、私たちのパントリーでも愛されている素材の一つですです。ヒソップは、さまざまなブレンドの構成要素や甘味として使用しています。ヒソップは乾燥した地域でよく育ち、特にオレゴン州南部の乾燥した気候に適しています。霜を避けるために春先に温室で発芽させた種を、乾燥した暑い夏のために準備された畑に運びます。畑は定期的に真水で灌漑され、ヒソップが暑さの中で成長するのを助けます。収穫後、ヒソップは乾燥され、市場に出すために選別されます。

南オレゴン

オレゴン州南部は、西は太平洋、東はカスケード山脈に囲まれた地域である。オレゴン州は、1934年の偉大なレオナード・ウォードを含む何人かの全米ロデオチャンピオンの出身地であり、毎年開催される世界でも有数のシェイクスピア・フェスティバルの開催地でもある。乾燥した気候、カウボーイ文化、ドラマチックな傾向は、ヒソップのような作物には最適な場所です。ヒソップは春先に植えられ、6月と9月の2回収穫されます。

レモンマートル

オーストラリアボタニカル

レモンマートルはオーストラリア東部で商業的に栽培されており、常緑低木は年に複数回栽培することができます。スミスのフェズ、メドウ、そしてビッグハイビスカスティーで紛れもない柑橘系のフレーバーを提供します。

ノーザンリバー地域

ノーザンリバー地域は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の北東端、オーストラリアのシドニーから北に500kmの場所にあります。今では、ニッチな作物(レモンマートルなど)、家庭菜園、観光を通じて活性化されています。また、ゴールドコーストやナイトカップ国立公園など、この地域で有名な名前が付けられた地域がいくつかあったことも一因だと思います。

リンデンリーフ & フラワー

ブルガリアボタニカル

東欧で栽培された葉と花を乾燥させたもので、母の日用ブレンド「ブーケ」のベースとなるほか、年間を通してさまざまなブレンドに使用されています。

ブルガリア

ブルガリアは東南ヨーロッパに位置する人口800万人の国で、5つの国と国境を接しており、黒海沿いにはビーチフロントの土地があります。古代には周辺の大国の戦場となっていましたが、第二次世界大戦後は比較的安定しており、6月に収穫されるシナノキの葉や花をはじめとする植物の産地としても有名です。

ピンクローズペタル(バラの花びら)

植物、インド

ピンクのローズペタルは私たちのとてもお気に入りの素材です。華やかなフローラルの香りとスパイシーな甘さが複雑な味を作り出すので、沢山のシグネチャーブレンドに使用されています。

インド

インドは南アジアに位置し、世界で最も古い文明の1つの発祥地です(インダスバレー)。歴史、文化、宗教、地理的に非常に豊かな国であり、古くからハーブやスパイスの産地として有名で、産物は世界各地に行き渡ります。私たちの使用するピンクローズは、インドの数地域で栽培され、3月に収穫されます。

ルイボス

南アフリカボタニカル

レッドブッシュ(赤い茂み)としても知られているルイボスは、20世期の間にクランウィリアム地区の世界的な商品と換金作物になりました。ルイボスは、抗酸化物質、ミネラル、ビタミンが豊富なことでも知られています。お茶と同様に、ルイボスは一般的に葉を切った後に酸化しはじめ、紅茶の渋みがなく、独特の甘くてクリーミーな風味を生み出します。牛乳や砂糖にも合い、様々な形(ホット、アイス、ラテなど)で提供することができます。ルイボスは摘み取った後に蒸すことで酸化を停止することができます。停止することで、一般的に知られている赤いルイボス依も植物性で花の風味のある緑色のルイボスになります。

クランウィリアム

クランウィリアムは、南アフリカの西ケープ州のシーダーバーグ山脈とオリファンツ川の間に位置する7000人ほどの小さな農業の町です。ハニーブッシュは9月と10月に収穫されます。

サフラワー

チャイニーズ ボタニカル

火のような色で、鮮やかな黄色の醸造色を持つサフラワーは、よくサフランと間違えられたり、サフランの代わりに使われたりしますが、それを味わうまでのことです。サフラワーはわずかに甘く、カボチャのような香りがします。また、他のハーブをブレンドする際に、他のハーブの鮮やかな質を丸くするために使用するテクスチャーを生成します。

中華人民共和国

中国は東アジアに位置し、世界最古の文明を持つ国のひとつです。また、お茶の発祥の地でもあり、あらゆるお茶のカテゴリーでイノベーションをリードし続けています。中国の伝統医学では、様々な植物やスパイスを用いて治療を行いますが、その多くは地元で栽培されたもので、私たちのサフラワーもその一つです。私たちが使用するサフラワーは、中国の複数の地域で生産されたものであり、夏真っ盛りの時期に収穫されます。