FEZ
FEZ
FEZ
FEZ
FEZ
blend-number

FEZ

フェズ | モロッカンミントグリーンティー


希少な中国産の緑茶とアメリカ北西部産の香り高いスペアミントの組み合わせにオーストラリア産のレモンマートルの香りがかすかに漂うブレンドは古き良きモロッコを思い起こさせます。親しい友人と語り合う夕べにふさわしいお茶です。

Tasting Notes:
瓜、レモン、ミント

15 点在庫
通常価格 ¥2,100 ¥-2,100 を割引

Ingredients

中国茶、スペアミント、レモンマートル

Blend Numerology

スミス氏が生まれて始めてフェズを入手した歳。

Preparation

1. ティーカップをあらかじめ温めておきます。
2. 約88°Cの熱湯を約240cc~355cc注ぎます。
3. 3分間蒸らします。下皿や小皿などで蓋をして抽出して下さい。

  • Select an Ingredient:
  • lemon-myrtle
  • mao-feng
  • spearmint-leaves

レモンマートル

オーストラリアボタニカル

レモンマートルはオーストラリア東部で商業的に栽培されており、常緑低木は年に複数回栽培することができます。スミスのフェズ、メドウ、そしてビッグハイビスカスティーで紛れもない柑橘系のフレーバーを提供します。

ノーザンリバー地域

ノーザンリバー地域は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の北東端、オーストラリアのシドニーから北に500kmの場所にあります。今では、ニッチな作物(レモンマートルなど)、家庭菜園、観光を通じて活性化されています。また、ゴールドコーストやナイトカップ国立公園など、この地域で有名な名前が付けられた地域がいくつかあったことも一因だと思います。

マオフェン

緑茶、中国

標高3000フィートを超える中国の浙江省中央部の山で栽培されるマオフェンは、春に収穫され、酸化酵素を中和し新鮮な味と香りを閉じ込めるために熱風処理されます。長く細長いヒスイのような葉は、お茶にすると淡い緑の色をとなり、草の持つ芳香の中に濃厚な香りと余韻のある甘さをたたえます。

武義県(武夷県ぶぎけん)

武義県は中国東部にある浙江省中央部に位置します。よく混同されますが、福建省にある有名な武夷山茶産地とは別です。農業と観光が栄えており、最も有名なのは金華ハムと温泉。マオフェンは3月中旬から5月に収穫されます。

スペアミントリーブス

太平洋岸北西部ボタニカル

スペアミントの葉は、ペパーミントよりも芳香が強く、軽く、シャープです。フレッシュな味わいと香りが、緑茶と美しく調和する甘いミントを加えます。オレゴン州東部と中央部で栽培されているスペアミントの葉は、機械を使用して切断され、フィールド乾燥されて均一な葉のサイズに分類されます。

太平洋岸北西部

太平洋岸北西部は、米国の西海岸沿いの地域であり、オレゴン州とワシントン州で構成されています。北から南にこの地域を横断するカスケード山脈は、景観と気候の明確な仕切りとして機能し、西側は十分な雨を受けて緑豊かな常緑樹環境を作り出し、東側は乾燥したままで高い砂漠環境を作り出します。スペアミントは歴史的に両側で栽培されてきましたが、現在は主にカスケードの東で栽培され、夏に収穫されます。